Line始めました。

Lineを使ってのお問い合わせ・新規の方のご予約が可能になりました。お急ぎの場合は従来通り対面予約・電話予約が確実です。余裕ある日程でのご予約やお問い合わせは、Lineからご連絡いただくことが可能です。確認次第当院からご連絡いたします。

金網稲荷神社と日本通運と和泉公園、アップデートを続ける秋葉原

こんにちはモモです。神田地区で開業してからずいぶん時が流れ、周りの景色もだいぶ変わりました。

この秋、モモと同じ神田和泉町二丁目に、日本通運の大きなビルが完成しました。

年明けには、港区にある日通本社やグループ会社など10社がお引越ししてくるとのこと。保育園の帰りにお参りした公園隣の金綱稲荷神社も、とってもきれいになりました。

今まで知らずにお参りしてきましたが、調べてみたところとても由緒ある神社でした。日本通運の創始者にあたる飛脚問屋、京屋弥兵衛さんが江戸時代に始めた飛脚事業(のちの日本通運)の安全を願い建立した神社です。

弥兵衛さんの夢枕に御神霊が現れ、黄金の網を授かったことから「金網稲荷神社」と名付けられました。その後は道中の人災もなくなり、厄除け、交通安全の加護を受け、商売が発展し今に至るとのこと。神社も会社も由緒正しい歴史があるのだと、いまさらながら感心いたしました。

その隣にある和泉公園も、ずいぶん様変わり。

和泉公園は、以前は大きな木が何本もありました。木登りができる木があったり、起伏のある小山を走り回ったりできる、野性味のある公園でした。和泉公園のヤブ蚊は、大きくて勢いがあり、刺されるといつまでも痒く大変な思いをしました。

三井記念病院の建て替えや和泉小の校庭拡張などを通じて、何度も公園の形は変わりました。今は、周囲に樹木と遊具を配し、中央に芝生が広がるゆったりとした広場になっています。

20年前の秋葉原のイメージと言えば電気街。

年に1〜2回、電化製品を買うために来る場所でした。古い町並みが残っていて、電機関係の部品を売る間口の狭い小さなお店が沢山ありました。駅前にはアキハバラデパートと言う、どこがデパートなのかわからない謎の建物もありましたね。

当時、京浜東北線で通勤していた頃、帰りの電車の窓から、やっちゃばの跡地を見下ろすと、塀で囲われていた跡地が整備され、若者たちがスケートボードを颯爽と乗りこなしている姿が見えました。その後再開発が進み、やっちゃば跡地は消防署やUDXビル、高層マンションに変わりました。交通博物館も大宮に移転してしまいました。

つくばエクスプレスが開通し、「電車男」という小説がドラマになり、オタクと呼ばれる人たちがメジャーな存在に。アニメのお店やAKB劇場ができたり、、、。いつのまにか地味な電気街だった秋葉原が、日本のカルチャーを代表する世界のアキバになりました。

めまぐるしく変わっていく秋葉原。ホリスティック鍼療院モモも、常に新しい技術をアップデートし、患者様のお役に立てるよう精進いたします。

鍼灸コンパスからの予約が可能になりました。

鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト「しんきゅうコンパス」にホリステイック鍼療院モモが掲載されています。お急ぎの予約は、従来通り対面予約・電話予約が確実ですが、余裕ある日程でのご予約はこちらのサイトからご連絡いただくことが可能です。確認次第当院からご連絡いたします。

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

「しんきゅうコンパス」からの予約が可能になりました。

鍼灸院・美容鍼サロン 口コミサイト「しんきゅうコンパス」にホリステイック鍼療院モモが掲載されています。お急ぎの予約は、従来通り対面予約・電話予約が確実ですが、余裕ある日程でのご予約はこちらのサイトからご連絡いただくことが可能です。確認次第当院からご連絡いたします。

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

新型コロナワクチンの接種が完了致しました。

当院の鍼灸師は、新型コロナワクチン(モデルナ)2回目の接種が完了いたしました。院内では感染予防のため、引き続きマスク及びフェイスガード着用の上、施術にあたります。患者様には、ご来院の際は入口での手指の消毒と施術中のマスク着用をお願い致します。院内には空気清浄機を設置、使い捨てシーツを使用しています。患者様の体に触れるタオル類(バスタオル・さらし・患者着など)は施術ごとに全て交換しています。

おかげ様でホリスティック鍼療院モモは、開業22周年を迎えることができました。

今年の7月、治療室モモ改めホリスティック鍼療院モモは、開業22周年を迎えることができました。
これも患者様はじめ、地元の皆様の暖かい御支援のおかげと、感謝しております。

22年の間には、いろいろな事がありました。
モモは1999年、岩本町3丁目で開業いたしました。
当時勤めていた、新宿副都心クリニック内ユリ治療室の院長先生より戴いたご縁が、モモの始まりです。
東日本大震災でエレベーターが壊れたため、2011年に東神田に移転、そして昨年末そのビルが壊される事になり、三か所目の神田和泉町に、今年初めに移転しました。
岩本町での開業当初から、近所の大工さんやお肉屋さん、薬局の方や医院の先生、ケアマネージャー様などから、沢山の患者様をご紹介頂きました。
その当時の患者様が、のちに歩行困難になったことやケアマネ様からのご依頼もあり、訪問治療を開始することにもなりました。

 この22年間は、私自身も2人の子供を出産し、実母の介護をしながらの時間でした。
長女に喘息とアレルギーがあり、乳幼児期は毎週のように発熱、入院することもありました。
ご迷惑をお掛けしたにもかかわらず、事情を知った患者様から
「子供はだんだん丈夫になっていくものだから、もう少しの辛抱ですよ」
と励まして戴いたこともありました。

当院には、ありがたい事に開業当初から今も通って下さっている患者様が、何人もいらっしゃいます。
その方達とは20年以上のお付き合いです。
その一方、患者様の中には、一回きりの方もいれば、数年に一回、中には十年ぶりに思い出して来院される患者様もいます。
目を閉じれば、沢山の患者様のお顔が思い出されます。

関西にお住まいの方が、出張で岩本町にいらした際に、紹介で来院されたり
千葉に転勤になった方が、ゴルフで肩の不調が現れる時にだけ、集中して治療にいらしたり
地方に転勤した方が、数年して戻っていらっしゃったり。
一年おきの神田祭の後に、腰痛で必ず来院される世話役の方や
親子二代で通院してくださる方
鍼灸師を目指し、学校に入った患者様もいらっしゃいました。
独身時代肩こりで通っていらした方が、ご結婚後、妊婦さん特有のむくみ・腰痛などで来院、ご出産後は腰痛治療・骨盤調整を。
そのお子様が、いまや高校生になられたお話を聞くと、自分の人生と重ね合わせ感無量です。

今年、ホリスティック鍼療院モモとして、新たなスタートを切りました。
Holistic (ホリスティック)とは、ギリシャ語を語源とし、全体・関連・つながり・バランスなどと訳されます。
ホリスティック鍼療院モモは、身体だけでなく心まで含めた全体的な視点を大切にしています。
悩み事があるとき、身体は内面を守るかのように、肩を落とし背中を丸め膝を抱えます。
PC作業の時間が増えれば増えるほど、デスクでの同じ姿勢が強要され固定化してゆきます。
心身の状態を映し出す、姿勢。
その姿勢を分析し、理想の状態に向けて身体を整えてゆくオーダーメイドの治療。
それが、ホリスティック鍼療院モモの目指す治療です。

これからも患者さまの健康維持のお役に立てるよう、初心を忘れず技術の研鑽に努めて参ります。